ABOUT

divider

Masayoshi Fujita

Masayoshi Fujita is a Japanese vibraphonist and composer based in Berlin. Masayoshi first learned how to play the drums, followed by extensive vibraphone training to craft and play his own compositions. 

Determined not to stick to traditional vibraphone styles or techniques and theory of composition, he seeks his own sound of vibraphone and new possibility of it. Masayoshi also prepares his instrument with strings of bead, strips of foil and similar objects. The resulting new sounds, akin to distortions, help to expand the vibraphone spectrum without eroding the instrument’s intrinsic character or even abandoning it altogether.

Inspired by the silence and deepness of the fog, the mountains and the gravity within, His music evokes images, atmospheres, sceneries and stories in the listener, the images that have accumulated in himself. At the same time he explores the unexplored beauty of the vibraphone, and pursues the charm of the instrumentation and the music itself. 

His recent collaboration with German electronic musician Jan Jelinek received a lot of attention from experimental music fans around the world.

藤田 正嘉

ヴィブラフォン奏者、作曲家。2006年よりベルリンに拠点を移しオリジナル作品の作曲・演奏活動をつづけている。

幼少期より演奏していたドラムからヴィブラフォンへ転向後、伝統的な演奏スタイルやテクニック、また作曲法にとらわれる事なく唯一無二の音とヴィブラフォンの新たなる可能性を追い求める。時に楽器の上に様々な物をのせて演奏する「プリペアド」という手法を用い、ヴィブラフォンの持つ独特の音色にさらなる色どりと響きを与えている。

しばしば映像的と評される彼の音楽は、霧の深遠さと静けさ、荘厳な山々などからインスピレーションを受けた独特の雰囲気と世界観を持ち、まるで物語の挿絵のように聴く者の脳裏にその情景と物語とを映しだす。また同時に、ヴィブラフォンという比較的新しい楽器の未開拓の美しさを探求し、オーケストレーションや音楽それ自体の新たなる魅力を追い求める。

別名義であるel fogでは、様々な実験的アプローチを用いつつ、アコースティックとエレクトロニック及びアナログとデジタルの狭間で、ヴィブラフォンとエレクトロニック・ミュージックの融合を試みている。また、ドイツのエレクトロニック・ミュージックの重鎮Jan Jelinek(ヤン・イェリネック)とも継続的にコラボレーション作品を発表。全世界から高い評価を受け、様々な国のフェスティバルやライブに出演している。

el fog

(vibraphone + electronics)

Under his electronic solo project alias, el fog, Masayoshi combines 

the vibraphone and analogue/digital electronic sound and textured 

noises using divers experimental methods.

Masayoshi first started making his own music as el fog being inspired by electronic music, dub, hip hop, jazz, classic and so on before he got more into the instrument itself and composing acoustic pieces under his real name. 

The name ‘el fog’ comes from ‘electronic fog’, which indicates a part of his aesthetic that he pursues in his works. 

藤田正嘉による電子音とヴィブラフォンを融合するソロプロジェクト。様々な質感に富んだエレクトロニクスサウンドやノイズ等を種々の実験的な手法を用いて紡がれるその音は、エレクトロニック・ミュージックの他ダブ、ヒップホップ、ジャズ、クラシックなどを消化し独自の世界感を奏でている。

後年よりヴィブラフォンという楽器そのものへ傾倒し本名名義でアコースティックの楽曲を発表していく以前、彼はel fogとして個人の音楽制作を開始。

el fogという名前はelectronic fogに由来し、彼がこのソロプロジェクトで追い求める世界観の一端を表している。